万八日記

初めまして、万八です。詠んだ本や聞いたラジオ、歩いた旅、仕事で考えた事、そういった感想等を日記風に書かせてもらいます。皆さんが気楽に楽しめる文章を書きたいです。よろしくお願いします。

会議終了と、元日の「不勉強」発言と

今日も一日、終わりました。
お疲れ様でした。
今日は朝から会議×4で、そのすべての司会進行を務めていました。

 

あぁ、なんて雑な生活。
当たり前のことを当たり前に進めて頂け、という感じは拭えません。
でも、お疲れ様でした。
我ながら、よくやったと思います。
でも、マダマダ…。

 

さて、米国カリフォルニア州の弁護士でタレントでもあるケント・ギルバードさんが、元日にウーマンラッシュアワー村本さんの登場した番組の件でコラムを書かれていました。

www.sankei.com

村本さんは、沖縄はもともと中国から奪ったものだ、とか、日本国憲法第9条2項を読んだことがない、と答えたのだそうです。
でも、

「あそこで僕が間違えた発言をして怒られなかったら、ネットニュースにもならずに終わっていた。こんなヤバい、イタいヤツがいると言って、学んでくれたらうれしい。僕も学ぶ」

とも語っていたようです。

 

彼のように愚直に生きて、発言している人は立派だと思います。
失敗嫌いでチャレンジ怯え症の私は見習わないといけない、とつくづく思います。

明日も頑張りましょう。
では、また。

日本が急に亡くした惜しい2人と、今も元気で生きている情けない私…

本日は会社を早めに切り上げて、只今、ガストにおります。
関東圏では記録的な大雪になりそうで、国交省や防災担当相が注意を呼びかけているようですね。
もっとも、雪国の人たちから見れば、日常のことなのでしょうが…。
皆さんはどんな一日だったでしょうか。

 

さて、早稲田大学社会科学総合学術院の西原博史教授が中央道の上り線で単独事故を起こした後、車外に出て走行車線上ではねられ、亡くなってしまったようです。

www.asahi.com

西原氏は憲法学が専門で、思想・良心の自由に関する論考を多数発表されていた方だそうです。

 

また、保守派の論客で知られ、「朝まで生テレビ!」などでも活躍した西部邁も21日、東京都大田区多摩川で自殺を図り、溺死したそうです。

www.oricon.co.jp

西部氏は私などでも知っており、東京大学在学中に日米安全保障条約の改定をめぐる「60年安保闘争」で、学生運動の指導的な役割を担い、東京大学教授に就任、その後、保守派の論客として活躍されました。

惜しい方が近日2人も亡くなってしまいましたね。
人の一生って何なのか、わからないものですね。

うさぎのヤスヒコ、憲法と出会う (「なるほどパワ」の法律講座)

うさぎのヤスヒコ、憲法と出会う (「なるほどパワ」の法律講座)

 

私などは大雪のために、仕事そっちのけでそそくさと帰ってきてしまい、のほほんと過ごしていますよ。
情けないなぁ。

 

明日は会社の大事な行事があります。
頑張らないと。

では、また。

ラジオ「日曜名作座」相変わらず面白いですね。

NHKラジオの新日曜名作座山本周五郎短編集」
今日の作品は「竜と虎」でした。

人情武士道 (新潮文庫)

人情武士道 (新潮文庫)

 

岡崎で拝島家の家臣となった2名の男性が、その娘に恋心を抱きます。
しかし、娘が好きになったのは1名の男性。
そんな時、お互い実は恋し合っている男女とは別の男性が、もう一人の男性に、娘との縁談の仲介をしてもらいたい、と相談されます。
不本意ながら、声をかけてもらった手前断れずに、拝島家へ伝えに行きますが、あまりにも反りの合わないことから「竜と虎」とまで陰で言われる二人は喧嘩をしてしまいます。

 

結局、恋し合っていない男女との縁談が進むのですが、話の急展開で、結局恋心を抱き合っていた男女との結婚がめでたく行われるようになるようでした。
娘の父親と、婿との関係が龍虎のように上手くいっていないのですが、それがやっと相結ばれましたね、というお話にめでたく完結するのでした。
本作は滑稽もの、と言われる作品のようですね。

 

山本周五郎作品に登場する人物が、朴訥で、言葉少なで、でも言うべきことは語る、格好いい人物を描いているな、と感じてしまいました。
私もどういう人間になるべきか、突き詰めて考えないと、と改めて思いました。

 

さぁ、新しい一週間です。
頑張りましょうね。

経営の勉強会に参加しました

今日も一日、終わりました。
お疲れ様でした。

 

今日は入会金等を支払って、経営について勉強させて頂く会に参加させて頂きました。
先週は不参加だったので慣れない状況でしたが、二次会にも参加しました。

勉強会では何も質問も発表もできず、こんな状況で良いのかな、と思ってしまいました。
また、二次会でも大して話をせず、聞くばかりで、自分なんて変わらないな、と改めて思ってしまいました。
こんな状況で良いのかな、と感じます。
こういう自分も改めたいです。

これだけは知っておきたい環境用語ハンドブック

これだけは知っておきたい環境用語ハンドブック

 

JR拝島駅で電車に乗ったら、飛び込み防止のゲートが横にスライドするのではなく、上方向にスライドするので驚きましたね。
しかも扉はボタン式。
慣れない人には大変だな、と失礼ながら感じてしまいました。

 

明日は現場作業です。
明後日は通常の仕事ですから、気合入れて頑張らないと。

では、また。

小室さんの引退を聞いて、まだまだ頑張らないと、と思いました。

今日も終わりました。
お疲れ様でした。

あぁ、やっと1週間終わりそうですね。
疲れました。
でも、大してやることはできておらずに過ぎてしまっています。

はァ。ダメだなぁ。

 

そんな気分の中、会社の社長が食事を買ってきてくれるそうで、…嬉しいですね。
頑張らないとな。

 

さて、音楽プロデューサーの小室哲哉が引退されるようですね。
才能に悩むことができる、というのは羨ましいですが、当人はさぞ、辛いのでしょうね。

www.oricon.co.jp

妻KEIKOさんのことや、看護師A子さんとの関係についても語られたそうですが、そうしたことと引退とが関連してしまうような、そういう会見になってしまった、という心の弱さを露呈せざるを得ない会見、というのは無念でしょうね。

私が小中学生の頃から、小室ファミリーなんて呼ばれて、大変な人気でしたからね。
私も頑張らないといけない、と改めて思いました。

THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 a-

THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 a-

 

明日は土曜日ですが、講習があるので、そちらへ行ってきます。
お互い頑張りましょうね。

では、また。

柳井正さんの言葉に学ぶ

今日も一日、終わりますね。
お疲れ様でした。

 

今日は午前中は悶々としてしまい、午後にシステムのことを説明し始めて、答えられないこともあり、答えられるところもありで、タジタジでした。

はぁ、疲れた。
明日も同じ調子で頑張りますね。

 

さて、日経新聞電子版に、ァーストリテイリング柳井正会長兼社長のインタビュー記事が掲載されていました。

style.nikkei.com

内容は、今の心境だからなのか、驚きました。
曰く、「いつも(心が)折れそうだよ」
曰く、「僕は、もともと内向的で、経営者に向いてない性格だったしね。学生のときは、本ばかり読んでいた。商売人どころか仕事しないで一生暮らせる方法はないかな、と思ってた。でも、何度も経験するうちに免疫がついてくるんじゃないかな」
曰く、「うちのステートメントは『服を変え、常識を変え、世界を変えていく』。自分でもよくいうなって思うんだけど、そういうことが本当に必要なんだと思うんです」
曰く、「経営者の仕事は考えることです。僕はいつもいうのですが、仕事は経営者がするのじゃない。社員がするんです。でも、経営者だけががんばっても意味がない。社員ががんばれる会社にしないといけない」」

プロフェッショナルマネジャー

プロフェッショナルマネジャー

 

 こういう方の真摯で誠実な生き方を見習わないといけない、と改めて思いました。
こういう方の意見が手軽に読める一方で、重みをもって読まないといけないですよね。

 

明日も頑張りましょうね。
では、また。

ビットコインと仕事への意気地のなさと

今日も一日、終わりました。
お疲れ様でした。

今日は一番問題となるはずのシステム関係のことができずに、問題が積もり積もってしまっています。
意気地がないせいで、問題が山積してしまう、情けないですよ…。

 

さて、ビットコイン価格の下落が続いているようですね。
1月7日に8,100億ドル(約90兆円)を超える水準まで膨らんでいたようですが、1月16日は5,400億ドルを下回り、3分の1の価値を失った格好だ、ということです。

www.nikkei.com

こういう上下幅を見ていると、一般人の私などは購入が怖くなってしまいますね。
それでも保有しておくべきなのかどうか、真剣に考えてしまう…、そんな意気地のない私にはビットコインは向いていないかな、と感じます。

 

明日も大変な日になりそうですが、頑張ります。
では、また。