万八日記

初めまして、万八です。詠んだ本や聞いたラジオ、歩いた旅、仕事で考えた事、そういった感想等を日記風に書かせてもらいます。皆さんが気楽に楽しめる文章を書きたいです。よろしくお願いします。

平成最後の全国戦没者追悼式について

今日は8月15日。平成最後の全国戦没者追悼式が開催されました。
この戦没者追悼式にて述べられた天皇陛下のお言葉が掲載されています。

www.nikkei.com

短いお言葉ですが、「世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」と締められた言葉に隠された日本国天皇としての強い責任と覚悟は見倣わないといけない、と思いました。

 

天皇としての存在が最も疑われた1945年8月15日に、今なお同日、象徴天皇として立たれている今上天皇には、時代を超えた責任と覚悟が常にあるのでしょうね。
天皇の継承行為と同じくらい、日本国のために犠牲となった戦没者追悼式が連綿と続けられるよう、こうした行事は大切にしたいものです。

 

NHKラジオでは高橋源一郎と読む「戦争の向こう側」」という番組を放映しています。
この中では、戦争体験者が感じたことや考えたことが紹介されており、文学の中で戦争を直接的に描かなくても、戦争の残酷さ、つらさ、虚しさを筆致した方たちの作品が紹介されました。

www.nhk.or.jp

例えば、向田邦子さんのエッセイ「ごはん」
この作品では、歩行者天国の話に始まり、1945年3月10日の東京大空襲の話が回想されながら描かれています。
歩行者天国を歩く気まずさと、大空襲の際に仕方なく靴を履いたまま、畳を歩いた事とが対比され、時代感覚を払しょくしながらも、戦争の事実について描いており、
ステキな作品に仕上がっています。

 

東京大空襲を受けて、いつ死ぬともわからない状況の中で、せめて上手いものを食べて死のう、と父が言い、親子5人で車座になって、白米や精進揚げやサツマイモの天ぷらを食べるのですが、その後、5人で昼寝をします。
なんだかそうした呑気だけれど、現実的で、刹那主義的でもありながら、人生に絶望している様子を描くでもない、最後の晩餐になりかねない状況を向田さんの筆致は悲劇的には描かず、勿論、恐怖も怒りもなく、ただ状況を突き放しながら自分らしい文章でユーモアを交えるような調子で描くのは見事だと思います。


また、今日の日経新聞1面の「春秋」では、

月遅れのお盆と、終戦の日が重なったのは歴史の偶然だ。が、平和国家の建設には幸いだったのかもしれない。…死者を悼み、彼らの無念を忘れずに戦後社会を築く精神風土を育んできた

と書かれています。

www.nikkei.com

また、天皇のお言葉として、

年々、戦争を知らない世代が増加していきますが、先の戦争のことを十分に知り、考えを深めていくことが日本の将来にとって極めて大切なことと思います 

 とも書かれ、その理由として、

(国民の)総意を形成するひとつの要素が、過去に対する共通の理解だとお考えのようだ

 と紹介されています。

 

今日8月15日の12時00分、私は黙とうもできなかったのですが、ただの知識としての歴史ではなく、自分の体内で息づかせる生きた歴史意識が、一人一人に身にあることが大切なのだなぁ、と思います。
私もそうした行為に参加したい、と考えています。

 

あなたの人生の主人公はあなた。
今日も素晴らしい一日でしたね。
明日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

お互い、頑張りましょうね。
では、また。

EUから波及してサマータイム廃止案を検討中か!

欧州連合(EU)サマータイムの廃止の是非をめぐって検討が始まっているようです。
欧州委員会はEU全域を対象にした世論調査を行い、具体的な対応を判断するとのこと。

www.nikkei.com

日本では小池都知事が2020年の東京五輪パラリンピックに向けてサマータイム「時差ビズ」導入を主張しているところです。
そんな中、浮上した欧州からのサマータイム廃止論、日本にはどんな形で入ってくるのでしょうか。

jisa-biz.tokyo

廃止論の理由として述べられているのは、健康面への悪影響です。
欧州議会が2017年10月にまとめたリポートでは、夏時間が体内時計に及ぼす影響が従来考えられていたよりも深刻な可能性があると指摘されています。
加えて、注意不足から事故を招いたり、心臓発作のリスクを高めるなどの健康被害につながるとの研究成果も紹介されています。

 

さらにエネルギー消費については、電気製品の普及で日照時間とは関係なく使われる電気製品が増え、夏時間の効果はごくわずかだ、という批判も出ているのだそうです。

日本のサマータイムや時差ビズは、暑さをしのぐ目的に加えて、都内の電車や車の大渋滞を緩和することも考慮されていましたので、それに対処できるような対案なき批判を出してもらいたいところですね。

 

さて、今日も一日、無事に終わりました。
明日は8月15日の終戦記念日です。
それがお盆と重なる、というところに、この時期の情緒と風情を漂わせる景観をより印象付けますね。

 

あなたの人生の主人公はあなた。
今日も素晴らしい一日でしたね。
明日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

お互い、頑張りましょうね。
では、また。

 

サマータイムの廃止の是非をめぐって検討が始まっているようです。
欧州委員会はEU全域を対象にした世論調査を行い、具体的な対応を判断するとのこと。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO34125370U8A810C1MM0000/

日本では小池都知事が2020年の東京五輪パラリンピックに向けてサマータイムや「時差ビズ」導入を主張しているところです。
そんな中、浮上した欧州からのサマータイム廃止論、日本にはどんな形で入ってくるのでしょうか。
https://jisa-biz.tokyo/

廃止論の理由として述べられているのは、健康面への悪影響です。
欧州議会が2017年10月にまとめたリポートでは、夏時間が体内時計に及ぼす影響が従来考えられていたよりも深刻な可能性があると指摘されています。
加えて、注意不足から事故を招いたり、心臓発作のリスクを高めるなどの健康被害につながるとの研究成果も紹介されています。

さらにエネルギー消費については、電気製品の普及で日照時間とは関係なく使われる電気製品が増え、夏時間の効果はごくわずかだ、という批判も出ているのだそうです。

日本のサマータイムや時差ビズは、暑さをしのぐ目的に加えて、都内の電車や車の大渋滞を緩和することも考慮されていましたので、それに対処できるような対案なき批判を出してもらいたいところですね。

さて、今日も一日、無事に終わりました。
明日は8月15日の終戦記念日です。
それがお盆と重なる、というところに、この時期の情緒と風情を漂わせる景観をより印象付けますね。

あなたの人生の主人公はあなた。
今日も素晴らしい一日でしたね。
明日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

お互い、頑張りましょうね。
では、また。

 

サマータイムの廃止の是非をめぐって検討が始まっているようです。
欧州委員会はEU全域を対象にした世論調査を行い、具体的な対応を判断するとのこと。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO34125370U8A810C1MM0000/

日本では小池都知事が2020年の東京五輪パラリンピックに向けてサマータイムや「時差ビズ」導入を主張しているところです。
そんな中、浮上した欧州からのサマータイム廃止論、日本にはどんな形で入ってくるのでしょうか。
https://jisa-biz.tokyo/

廃止論の理由として述べられているのは、健康面への悪影響です。
欧州議会が2017年10月にまとめたリポートでは、夏時間が体内時計に及ぼす影響が従来考えられていたよりも深刻な可能性があると指摘されています。
加えて、注意不足から事故を招いたり、心臓発作のリスクを高めるなどの健康被害につながるとの研究成果も紹介されています。

さらにエネルギー消費については、電気製品の普及で日照時間とは関係なく使われる電気製品が増え、夏時間の効果はごくわずかだ、という批判も出ているのだそうです。

日本のサマータイムや時差ビズは、暑さをしのぐ目的に加えて、都内の電車や車の大渋滞を緩和することも考慮されていましたので、それに対処できるような対案なき批判を出してもらいたいところですね。

さて、今日も一日、無事に終わりました。
明日は8月15日の終戦記念日です。
それがお盆と重なる、というところに、この時期の情緒と風情を漂わせる景観をより印象付けますね。

あなたの人生の主人公はあなた。
今日も素晴らしい一日でしたね。
明日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

お互い、頑張りましょうね。
では、また。

リーマンショックから間もなく10年です。

米国証券大手リーマン・ブラザーズが破綻してから9月で10年を迎えます。
私は、その当時は今ほどに世界経済に関心はなかったものの、それなりに興味を持って探っているつもりでしたが、結局、問題発生理由も解決方法も見いだせず、今に至ってしまったような気がします。

 

本日の日経新聞電子版で、金融危機の研究で国際的に知られるプリンストン大教授の清滝信宏に世界経済の現状と課題を語って頂いた記事が掲載されていました。

www.nikkei.com

清浦教授は現在の日本財政状況を「危ういかもしれない」と述べられ、「その時に備えて何かプランを作っておくほうが良」く、それに対して「国民の合意を取っておく必要がある」と説きます。

 

財政破綻が起きる時期こそ明言しておりませんが、

財政破綻・金融破綻は割と急に来る。
外国人が大量に国債を買うようになれば、きっかけになるだろう

との考えを示し、こうした危機を避けるには

日本政府が財政の長期的なメドをつけるしかない

と強調し、来年10月の消費税率引き上げは、予定通り実施するよう述べた、ということです。

 

また、日本経済の現状については、

物価や名目賃金の上昇率のプラスが確保されており、すでにデフレは止まった

と考えられているようです。

 

米国発の貿易戦争については、

金融システムにも波及する可能性がある

と指摘され、米国や中国が相互に関税を引き上げると

インフレがさらなる金利上昇につながり、為替の混乱や株価の下落に通じる

と警鐘を鳴らします。

 

現在の世界経済は米国とイラン・トルコ・シリア等中東各国との対立、中国やロシアとの関係の冷え込み等が目立ちますし、自民党総裁選が盛り上がり始める中、日本経済も「トルコショック」を始めとしてイランとの関係や日米貿易協議等、問題は盛りだくさんのように思えます。

www.nikkei.com

十年一昔と言われますが、米国証券大手リーマン・ブラザーズが破綻した影響が薄れる中、二度と同じことが起こらないように、気を付けないといけません。
それに対して出来ることは早いうちから取り組みたいものです。

 

さて、私の月曜日のラジオの楽しみはサンドウィッチマンの天使のつくり笑い」です。
毎週面白い話題が盛りだくさん。

本日のゲストはドランクドラゴンさんとゆにばーすさん

www4.nhk.or.jp

本ラジオの特徴の一つは、リスナーからの投稿だと思っています。
何の脈絡もなく自分勝手な話題を放り投げるリスナーがいたり、リスナーからの質問に時に面白おかしく冷酷に回答するサンドウィッチマンさんがいたり…。
サンドウィッチマンさんのお人柄と包容力がよく表れたラジオ番組になっていると思います。

 

Uターンラッシュも続いているようですね。
私の会社は特にお盆休みもないのですが、皆さんの会社はどうでしょうか。

 

あなたの人生の主人公はあなた。
今日も素晴らしい一日でしたね。
明日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

お互い、頑張りましょうね。
では、また。

日本航空ジャンボ機墜落と防災ヘリコプターはるなの墜落事故について

今日8月12日は、1985年に日本航空ジャンボ機が墜落し、群馬県多野郡上野村高天原山の尾根に墜落し、520人が亡くなられた日です。
私は幼少だったので、ほとんど記憶がありません。
ただ、こうした事故があり、機内には歌手の坂本九さんが搭乗しておられ、九さんが亡くなられたことを母が大変惜しんでいたことを思い出したことが記憶にあるくらいです。

日本航空123便墜落事故 - Wikipedia

 

本日、たまたま見ていたNHKで、亡くなられた方のご遺族がテレビのインタビューに答えていました。
そうした中には、今後、自分たちのように空の事故で哀しみを抱く人がいなくなるように祈っている、というようなことを述べる方もおられ、尊い命の犠牲を忘れることが無いようにしないといけない、ということを改めて感じました。

 

こうした事件の放映を背景に口惜しい事故が起きたものだと改めて感じたのは、奇しくも8月10日には群馬県防災ヘリコプター「はるな」が墜落し、搭乗者9人が亡くなられたからでした。
「はるな」の搭乗者9人は、群馬と長野の県境付近に県が整備した登山道を視察するため、10日午前9時15分に前橋市にあるヘリポートを出発しました。
ただ、予定されていた10日午前11時前になっても戻らず、10時01分には通信が途絶えていた、ということです。

 

「はるな」は平成16年10月に発生した新潟県中越地震で救助活動を行った防災ヘリコプターでもあり、新潟にとっては「恩人」とも言える存在であり、その有用性は十分に知られていました。

「はるな」には、県防災航空隊員の4名と吾妻広域消防本部の5名が搭乗していたそうです。防災航空隊員のうち、機長の天海紀幸さん(57)と整備士の沢口進さん(60)は、「はるな」を販売している東邦航空株式会社の社員だったようです。
東方航空株式会社は昨日は速報的な文章をホームページに掲載し、本日は追悼の文章を書きましたが、さぞ無念だと思われます。

www.tohoair.co.jp

まもなくお盆です。
来る8月15日は平成元号最後の終戦記念日ですから、マスコミも関心が高いと思われますが、一人一人の生命に強く深く思いを抱く日にしたいと考えています。
様々な方のご冥福を改めてお祈り致します。

 

ココちゃん(id:sho11070714)さんが書いている「航空機のあれこれ」というブログは、本事故について的確に記載してくださっているように思いました。
参考までに、アドレスを添付します。

www.koukukinoarekore.com

 

あなたの人生の主人公はあなた。
今日も素晴らしい一日でしたね。
明日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

お互い、頑張りましょうね。
では、また。

長崎原爆の日を迎えて

本日9日は、長崎原爆の日です。
爆心地付近の平和公園で広島と同じように平和祈念式典が開かれました。

 

ナガサキヒロシマ、どちらについても風化させてはいけませんね。
原爆から73年目。
よくぞ、祈念式典が続いているものと思います。
私たちが生きているうちにはまだまだ続けたい行事です。

www.nikkei.comこうした行事が開催されなくなり、でも海外の支援者が開催してくれる状況になったら、私たちもオシマイですよね。
そんなことにならないよう、私たちはしっかり意識して、常にアップデートしていかないと。

 

実際、長崎市を訪問中の国連のグテレス事務総長は9日、原爆犠牲者慰霊平和祈念式典への出席に先立ち、原爆資料館を訪問してくださったようです。
こうして時に緊張感を持った生活が出来るほうが望ましいな、と個人的には思っています。

www.nikkei.com

8月9日でもNHKラジオでは特別番組を報道していましたが、本日も「長崎原爆の日 平和を願いバトンをつなぐ」という番組が放映されていました。

www.nhk.or.jp

こちらも8月6日に報道されていたものと同様のドキュメンタリー番組で、被爆者から話を聞いて、その人生を辿り、本に残そうと取り組んでいる26歳の被爆3世、彼のような平和を願い続ける被爆者たちからバトンを受け継ごうとする若者を追ったラジオです。
そうした趣旨の番組でありながら、耳にする言葉は被爆者が孫にも体験談を話したがらない、という事実でした。
戦後生まれの私たちは、何をするべきなのか、自分事として考える必要がありますね。

 

あなたの人生の主人公はあなた。
今日も素晴らしい一日でしたね。
明日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

お互い、頑張りましょうね。
では、また。

台風13号の動きと「観光公害」について

台風13号(名称サンサン)が近づいていますね。
皆さん、大丈夫ですか。
神奈川県に住んでいる私は、都内にある職場を18時ごろ出られたおかげで乗っている電車も止まっておらず無事に帰宅できました。

www.nikkei.com関東圏内は明日の朝まで暴風暴雨域のようですから、危険な行動は避け、危ない状況であれば、すぐに非難するようにしましょう。

 

昨日の朝日新聞天声人語では、防災放送のような地域一斉案内よりも、近所の人が近くで声をかけてくれるほうが、避難行動を実際に取ることが出来るものだ、という内容が紹介されていました。
聞いていたラジオでも、声をかける、ということが大事、と仰っていました。
何となく、分かる気がしますよね。
普段の心掛けが大事!

www.asahi.com

さて、観光国と言われる各国の受け入れ体制整備が追いついていないらしく、環境汚染や地元住民との摩擦が生じることが多くなっており、観光公害として表面化してきました。
世界の有名観光地で観光客の滞在を規制したり、流入に地元住民が抗議したりする例が相次いでいます。

 

フィリピンでは4月に、年200万人近くが訪れるリゾート地中部ボラカイ島が閉鎖されました。
ボラカイ島では認可を受けずに建設された施設が増え、排水の一部が海に流れ込んで環境汚染が深刻になっていました。
フィリピンのドゥテルテ大統領は「汚水はだめだ」と酷評し、一部住民らの反対を押し切って閉鎖に踏み切っています。

www.nikkei.com

スペインのバルセロナでは宿泊施設増加による地価の高騰やマナーを守らない観光客への反感が一部で高まっています。
バルセロナ当局は民泊仲介の米エアビーアンドビーなどに正規の手続きを経ず営業していたとして罰金を科したほか、中心部でのホテル開業を規制。
欧州ではオランダのアムステルダム、イタリアのベネチアなどでも、観光客と地元住民の摩擦が表面化しています。

 

そうした状況において、日本は、そして、自分自身は何をするか、しっかり考えないといけませんね。

 

あなたの人生の主人公はあなた。
今日も素晴らしい一日でしたね。
明日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

お互い、頑張りましょうね。
では、また。

米国によるイランへの経済制裁発動について

米国がイランへの経済制裁の一部を再開することとなりました。
発端は米国は、イランが貿易や金融取引で得た外貨を核開発に使っているとみているためで、その資金源を断ちたい、というのが米国の意向す。のようです。

www.tokyo-np.co.jp

今回米国は、核合意離脱に伴う制裁強化を2段階で実施します。
今回の自動車や鉄鋼などの分野の制裁に続き、11月上旬には石油や金融関連の制裁を復活させます。

米市場から締め出されたり、巨額の罰金の支払いを求められたりすることを恐れる企業は、制裁再開を先取りしてイランビジネスの縮小や停止を決めています。

www.nikkei.com

 

それに伴い、EUブロッキング規則」と呼ばれる対抗措置を発動するようです。
これは、EU内の企業や個人が米国の制裁に従うことを禁じるもので、制裁で損害を受けた場合は、EU内の裁判所で損害賠償を求める訴訟が起こせる、というもの。
様々な国が、様々な対応をするようです。

www.nikkei.com

米国は決断を後悔することになる

と激しく批判し、非常に強気なイラン国のロウハニ大統領ですが、どういう姿勢に出てくるのか、気になります。


だって、国力を比較すると、イランは2015年にはGDP3984億米ドルに対して、米国は2016年にはGDP18.57兆ドル、
イランは軍事費約100億ドルに対して、米国は国防費7160億ドルですから。

窮鼠猫を噛む、という諺がありますけれども、追い詰められたネズミが何をするかわからない、武力にモノを言わせるのではないか、と気が気でないというのが私の気分です。

とはいえ、他人事とはせずに、しっかり考えていきます。

今後のニュースから目が離せませんね。

 

あなたの人生の主人公はあなた。
今日も素晴らしい一日でしたね。
明日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

お互い、頑張りましょうね。
では、また。