万八日記

初めまして、万八です。読んだ本や聞いたラジオ、旅、仕事で考えた事など、日々の感想を日記風に書かせてもらいます。皆さんが気楽に楽しめる文章を書きたいです。よろしくお願いします。

「コーヒーが冷めないうちに」と米中貿易摩擦と

9月21日に公開された映画コーヒーが冷めないうちにを観てきました。
主演は有村架純さん、石田ゆり子さん、薬師丸ひろ子さん、吉田羊さん、

波留さん、松重豊さんといった豪華な面々。

あらすじとしては、時田数(有村架純さん)が従兄で店主の時田流(深水元基さん)

経営する、とある街のとある喫茶店「フニクリフニクラ」

ここには、ある都市伝説があります。


それは店内のある席に座ると、望んだとおりの時間に戻ることができるというもの。
ただ、やっかいな幾つかの「ルール」があるのでした。

coffee-movie.jp

その「ルール」を抜粋すると、
1.過去に戻ってどんな事をしても、現実は変わらない
2.過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ。

 コーヒーが冷めないうちに飲み干さなければならない
3.過去に戻れる席には先客がいる。席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ

 

こうした「ルール」が本作品を窮屈にもしていますが、同時に面白く、

かつ魅力的にもしています。

誰もが一度は経験する「もしも、あの時に戻ることができたら」という「後悔」の思い。
本作では様々な「後悔」を抱えた登場人物が店を訪れます。
その背景には現代社会の問題となっているシングルマザーの子育て、介護、相続に

触れられているため、SF的ですが現在に切り込んだ内容にもなっていると感じました。

ストーリーとしては、主軸として時田数の生活が描かれ、

都市伝説を知りつつ「フニクリフニクラ」を訪れるお客様が、あるきっかけを元に、

過去に戻り、様々な心的変化を起こす、という内容になっています。

youtu.be

 

アメリカに行ってしまった幼馴染の賀田多五郎(林遣都さん)と

 ケンカ別れをしてした独身キャリアウーマン清川二美子(波瑠さん)。
②若年性アルツハイマーに侵された妻・高竹佳代(薬師丸ひろ子さん)と、

 高竹を優しく見守る夫・房木康徳(松重豊さん)。
③故郷の妹(松本若菜さん)を裏切り、

 一人スナックを営む喫茶店の常連客・平井八絵子(吉田羊さん)。

④過去に戻れるという席にいつも座っている謎の女(石田ゆり子さん)。

youtu.be

「4回泣ける」という触れ込みは、①~④それぞれのストーリーがあり、

それぞれに哀しいからです。

個人的には哀しいと思ったのは②でした。

 

実生活の上でも、私たちの誰もが過去の出来事は変えられませんが、

その時以来感じていた感情や、この先の未来は私たちの考え方によって変えることが可能です。
それは実は、1杯のコーヒーが冷めるまでの短い時間でも可能なんだ、

ということを考えさせられるハートウォーミングな作品です。

星5つの処、3つですね。★★★☆☆

 

さて、過去に書きましたが、明日24日、

世界第一位第二位である米国と中国が互いに第3の追加関税を発動します。

この米中貿易摩擦は、双方で年間3,600億ドル(約40兆3千億円)の貿易に

関税を上積みすることになります。

junsaito0416.hatenablog.com

本日のNHK日曜討論でも米中貿易摩擦が取り上げられていました。

トランプ政権がここまで強気に出る背景として、米国議会を中心に、

異なる経済方策で進められてきた中国に対する警戒感も出ていている、という発言や、
これは、米中の力関係が変わってきたことによるある種の新冷戦「経済冷戦」である、

という発言も聞かれました。

 

この事態を受けて、日本企業も現実的に対応を考える必要が出てきました。

www.nikkei.com

もはや安易な解決方法は無いように思います。


現在、保坂正康著『昭和の怪物 七つの謎 』(講談社現代新書) を読んでいるのですが、

ここで書かれている東条英機精神主義的戦局判断には辟易するばかりです。

今回の米中貿易摩擦が、まさかそんな事態には陥らないでしょうが、

日本人として見守ると同時に、外交や援助で我々の利得になるように行動していきたいものです。

昭和の怪物 七つの謎 (講談社現代新書)

昭和の怪物 七つの謎 (講談社現代新書)

 

あなたの人生の主人公はあなた。
今日も新しい一日が始まります。
素晴らしい一日を過ごしましょう。

 

お互い、頑張りましょうね。
では、また。

安倍首相三選が決定しました

自民党総裁選の投開票が終わりましたね。
首相は国会議員票329票、地方票224の計553票、

石破氏は国会議員票73票、地方票181の計254票でした。


石破議員、善戦したと思います。

石破議員ご自身が語られているように、「圧倒的劣勢だとも言われた」のですから。

合計票では2倍以上の差は付けられましたが、地方票が多い点は今後の励みにもなりますね。

www.nikkei.com

安倍首相は10月には内閣改造も行う予定です。
石破議員の自民党内の党三役復帰はあるのか、岸田議員の扱いはどうするのか、
安倍首相が退任した後のことも考慮して人事を組むでしょうから、見ものの一つですね。

www.nikkei.com

また、今後は憲法改正に挑戦していくでしょうから、国民一人一人の意思も大事になってきます。
安倍首相が唱える「平成の先の時代に向かって新しい国造りに挑む」という言葉に対して、

我々がどう行動するか、考える必要があります。

冷静に、観察したいと思います。

www.nikkei.com

自民党の党則では総裁任期を1期3年、連続3期9年までと定めています。
今回3選した安倍首相の任期は21年9月まで。


第1次政権を含む首相の通算在任期間は今月20日時点で2461日。
任期をまっとうすれば、19年8月に佐藤栄作首相(2798日)を抜いて

戦後最長政権になります。

また、同年11月には桂太郎首相(2886日)を上回り歴代最長政権になります。

モリカケ問題達に負けなかった安倍首相の今までと野党の場当たり的な反応と全体的な

弱々しさを見ると、歴代最長政権もあり得るだろうと思います。

www.nikkei.com

f:id:junsaito0416:20180920224213j:plain

    日経新聞より

 

さて、今日は地元付近の市民大学最高裁判所の長官を務められた方の

ご講義があったので、拝聴してきました。

丁寧にレジュメも作成してくださり、発言する内容もまとめて下さっており、

誠実な仕事の仕方を見て、非常に勉強になりました。
お話の内容も、ご自分の職務に丁寧に誠実に対応されている様子がわかり、

大変印象的でした。
見倣わないといけないな、と思いました。

また、公平かつ冷静な視点で、政治問題にも真向かわないといけない、と思います。

 

あなたの人生の主人公はあなた。
今日も素晴らしい一日でしたね。
明日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

お互い、頑張りましょうね。
では、また。

 

米中の制裁関税と報復関税の押収について

トランプ米大統領は、9月24日(月)に中国へ発動する制裁関税第3弾に対して
中国側が報復した場合は、残りすべての輸入品に25%の追加関税を課す、と表明しました。

www.nikkei.com

米政権は、7月~8月にかけて、計500億ドル分に25%の関税を発動しています。
以下が米政権が中国に対して制裁をしている内容です。

 

第1弾…産業機械・電子部品
第2弾…半導体・化学品
第3弾…食料品・家電

f:id:junsaito0416:20180919213835j:plain

    日経新聞より

図にある通り、第3弾の発動で対象品目が金額ベースで5倍に拡大し、

消費財にも範囲が広がります。

これにより、中国側だけではなく、米国側の消費者にも製品値上げなど直接の影響が及びます。

f:id:junsaito0416:20180919213914j:plain

      日経新聞より

 

www.nikkei.com

 

トランプ大統領は、

「最終的には中国の習近平国家主席と私の間で解決されることを望む」と述べ、

習氏に譲歩を呼びかけているようです。

一体、習氏が譲歩するのかどうか。

今回に関しては、引き際がどこなのかわからないだけに長引くかもしれませんね。

といって長引くと米中だけではなく世界経済へも発給する大問題です。

 

そんな事態を憂えて、今日の日経新聞朝刊に掲載された社説のタイトルは、

「米中は貿易戦争回避の努力が足りない」
その通りだな、と思います。

 

 二大経済大国の米国と中国には、世界経済の安定に汗をかく責任がある。
みずからの国益を守るのはもちろん重要だが、「米国第一」や「中国第一」の殻に閉じこもっていいわけではない。
にもかかわらずトランプ米大統領と中国の習近平国家主席は貿易戦争回避の努力を怠り、制裁と報復の応酬を続けている。
両国は直ちに対話を再開し、摩擦緩和の具体策を探るべきだ。


こうした両国の狭間で、日本は、私たち日本人はどういった行動をとるのか。
こういう事態だからこそ、どうしたら良いのか、何を行動するべきかを考える必要があると思います。


今後何十年か後に、同じような事態が起こらないとも限りません。
まだ長く生きていく人たちと共に考えたいものです。

 

あなたの人生の主人公はあなた。
今日も素晴らしい一日でしたね。
明日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

 

お互い、頑張りましょうね。
では、また。

読書好きの私と紙の本の今後について

読書好きの私は、1週間に2冊は本を買うのですが、書物の置く場所に日々、困っています。

整理だけでは追い付かずに、古本屋で売ったり、処分ゴミに出したりしていますが、

蔵書をどうするか、は常に課題です。

 

そんな思いを持つ私、日経新聞夕刊の「明日への話題」甲南大学教授の田中貴子さんが、「蔵書のゆくえ」という文章を楽しみながら読みました。

書き出しは、こんな感じ。

 

本棚を眺めていて、自分が死んだらこれらはどうなるのかと考えたことは一度や二度ではない。
おそらく、大量の書籍や資料を所有する人なら誰でもその経験はあるだろう。

www.nikkei.com

その通りですね。
読書好き、本好きが同じように持つ感覚、嬉しくなりました。
また、続けて、

 

日本の文化・社会に影響を与えた故人の蔵書はその人の思想の根幹をなす重要なアーカイブズであるはずだ。
どんな本がどのように並んでいたかを知ることができれば、故人の思索を追体験することが可能かも知れない。

 

実際は難しいのでしょうけれど、私もそんな感覚、持っています。

 

本記事には、東大の政治学丸山眞男教授の蔵書が丸山眞男バーチャル書庫」として

ウェブ上で公開されている、という記載がありました。

実際見てみると、素晴らしいなぁ、と思います。

読書人のセンチメンタリズムかもしれませんが、こうした試みは非常に好ましいと思います。

office.twcu.ac.jp

maruyamabunko.twcu.ac.jp


今や話題は下火ですが、高知県立大学が、図書館の新設に伴い、

旧館にあった約3万8000冊の図書や雑誌を焼却処分していたことが議論されていました。

焼却した図書2万5432冊のうち、

複数冊所蔵している図書、いわゆる「複本」を減らしたのが1万8773冊。
残りの6659冊は複本がなく、この中には古書店でも入手が難しい絶版本や

高値で取引されている図書も多かったそうです。

 

この図書の焼却に関して、高知県立大学

「県民の皆様の知的財産である公立大学図書館の蔵書を立場にある大学として配慮が

十分でなく、多数の図書を焼却するに至ったことについて、お詫びいたします」

とコメントしていますが、書物一冊にも様々な人生がかかわっている中、

多数の蔵書が無碍に廃棄されてしまうのは本当に残念です。

重要なお知らせ - 高知県立大学ホームページ

 

とはいえ、いずれ紙の本も無くなっていくかもしれませんね。
私は現在は紙の本7割、電子版の本3割り、という感じで読書しています。

皆さんはいかがですか。

 

あなたの人生の主人公はあなた。
今日も素晴らしい一日でしたね。
明日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

 

お互い、頑張りましょうね。
では、また。

冤罪を乗り越えた村木厚子さんについて

日経新聞電子版NIKKEI STYLEの「出世ナビ」というコーナーに、

「リーダーの母校」と題して、村木厚子・元厚生労働事務次官が語る(上)」

という記事が掲載されていました。

 

村木厚子さんは、2009年に冤罪(えんざい)事件に巻き込まれましたが、

無罪判決を受けて復帰し、厚生労働事務次官まで勤め上げました。

柔らかな物腰ながら、厳しい状況にも冷静さを失わず、

信念を貫く毅然とした態度が深い印象を残す村木さん。

 

本人曰く、学生時代は極度の対人恐怖症だったそうです。
私立土佐中学校・高等学校高知市)時代から教師や友人に見守られ、

ゆっくり、一歩ずつ人間関係を築く練習ができた、ということです。

style.nikkei.com

村木さんについては、
9月初旬に、ご著書『日本型組織の病を考える』(角川新書)を買い、

読ませて頂いたところでした。

本書には日本の組織が持つ害悪を断つために何をするべきなのか書かれていますが、

読みやすく、冷静な筆致で、きっと官僚としても素晴らしい上司であった彼女の姿を

彷彿とさせられました。 

日本型組織の病を考える (角川新書)

日本型組織の病を考える (角川新書)

 

 話題の中心は村木さんを成長させてくれた高知県高知市にある

私立土佐中学校・高等学校の事だったので、

今回は冤罪について詳細に書かれているわけではありません。

 

個人的に興味深かったのは、子どもの頃から本が好きだった、という話題の中で、

シャーロック・ホームズから始まって推理小説が好きになり、

中高ではエラリー・クイーンなどを読みました 

 という部分。

 

上述した著書でも、名探偵コナンが好き、と書かれていて、

それが検査官の嘘を暴くきっかけになった、という記載があります。

刑務所の中にいるのに自分自身を突き放してユーモラスにも描かれているので、

さぞ強く魅力的な女性なのだろうな、と想像していただけに、可笑しかったです。

 

以下は冤罪事件のことを耐えられたきっかけとして中高時代がどのように

関わっているのかを問われた村木さんの言葉から。

 

「今この場面で自分をよくみせなきゃ」
「ここでこうしたらこう思われるのでは」
といったその場限りの心配がなく、親もそうですが、
長い目でじっくり見てくれる先生や友人を持てたのがよかった。
最初は足りないと思われても、その先もずっとちゃんと見ていてくれる。
焦らなくても、こんな私でも大丈夫。見捨てずに付き合ってくれる人がいる。
これは大きな自信になりますよね。
「自分なんかダメだ」と思わずにいられたことが、ものすごく大きな支えになりました。
あの学校で自分のベースを作ってもらった気がします。

また、続けて語ります。

 

(郵便不正事件で無実の罪で逮捕・勾留されるという)
あんな大きな出来事があってマスコミに出て
「きっとあいつは悪いやつに違いない」
「あの人あんなことやったの?」と思う人がたくさんいても、
「それは違うよね」と分かってくれる人がいる。
そういうことがあっても、じっくり付き合っていけば
自分のことをちゃんと分かってもらえる。
この自信に支えられました。
もしも子どものころから
「あの人も、この人も去っていった」という経験ばかりしていたら
不安があったかもしれないけれど、
数は多くなくても長続きする落ち着いた関係をもらえたのが、
よかったかもしれませんね。

 

苦闘の背景にご自身の見事な忍耐力や知性もありますが、
加えて素晴らしい友人や同期、先生の存在があったのですね。
村木さんのご著書も面白いので読んでみてください。

 

あなたの人生の主人公はあなた。
今日も素晴らしい一日でしたね。
明日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

お互い、頑張りましょうね。
では、また。

日本GE社リーダー浅井恵理子さんについて

先週、日経新聞夕刊で紹介された「私のリーダー論」浅井恵理子さんについて書かせて頂きました。
今日の夕刊で、その続きが掲載されていましたので、またご紹介します。

www.nikkei.com

 

ゼネラル・エレクトリック社(GE)は、人材育成に毎年10億ドルを投じているそうです。

今日も会社で、他部署の後輩の愚痴を聞いていて、スグには解決できないのかな、

と思っていたところなのですが、こうして人材投資をする土壌が育っているところであれば、

社員ももっと自律的に生き生きとのびのびと仕事できるのかな、と思いました。

グローバルなチームでのコミュニケーションにおけるコツはあるか、

という記者の質問に対して、浅井さんは以下のように答えています。

一番重要なのは、情報を誰もがわかる形で共有することです。
特にグローバルなチームでは、自分がいま何を考え、何をやっているのかを、

自分からわかりやすく説明し、透明性に特に気を配らなくてはいけないということ。
さらに自分一人で完結せずにメンバーをちゃんと巻き込んで、

フィードバックをもらうことが重要です。

なるほど、と思います。
私も気を付けないと…。

www.nikkei.com

――7年前にGEに転職し、人材育成の考えは変わりましたか。

大きな転機で、仕事を通じて人を育てる喜びに目覚めました。
特にこの会社では、担当分野でどんなに高い業績を上げても、

人を育てられていなければ、リーダーとは認められません。
「すべての社員がリーダーで、リーダーは人を育てることが使命」

という考えが徹底しています。

 

アシミレーション(assimilation、相互理解)

という仕組みも独特です。

ある人が組織の長になって3カ月から半年経つと必ずやるもので、
当人には部屋から出ていってもらい、

チームのメンバーたちがそのリーダーのいいところ、悪いところを

とことん議論するんです。

すべて出尽くしたところでリーダーを呼び戻し、直接本人にフィードバックします。

これを定期的にやるのです。
組織の長でもこのプロセスによって、自分は何ができていて、

何が足りないのかを自覚し、さらに成長していくことが求められます。

そういうカルチャーだからこそ、人が育つのだと思います

 人がしっかりと育てられる背景には、それだけの土壌が必要だということですね。
しっかり考えていかないと。

 

あなたの人生の主人公はあなた。
今日も素晴らしい一日でしたね。
明日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

お互い、頑張りましょうね。
では、また。

沖縄米軍基地の問題や安室奈美恵さんのこと

仕事帰りにradikoJ-WAVE FM81.3「JAM THE WORLD」を聞いていました。

私はメインナビゲーターのグローバーさんの声も好きですが、各曜日でニューススーパーバイザーとなっている方々も好きなのです。
今日、火曜日はジャーナリスト青木理さん。


青木さんが取り上げてくれたのは「沖縄知事選の最大の争点となる沖縄基地問題について」というタイトルで、ゲストに東京大学大学院教授 高橋哲哉さんをお招き頂き、話を聞いていました。

www.j-wave.co.jp

そこでは現在、沖縄の米軍基地を本土で引き取ろうという市民運動が広がっている、ということでした。
私、失礼ながら全然知りませんでした…。

 

でも、つまり、日本国内のわずか0.6%しかない沖縄の面積に、約7割の米軍施設が集中しているわけです。
この沖縄の現状は歴史的背景もありますが、「構造的な差別」であり、

沖縄の負担で成り立つ日米安保体制について考え直そう、という動きが、

この市民運動だということです。

 

沖縄の米軍基地の問題は、我々本土の人間が沖縄に押し付けているのではないか、
少なくとも、そうした事実を認識して、現在の安保体制について、どう考えるのか、
何をするべきなのかを議論しなければいけない時期に来ているのではないか、
という問いかけが、高橋さんのこうした動きの根っこにあると感じました。

青木さんと高橋さんの対談の中で、米軍基地は大部分が沖縄にあるため、本土で不可視になってしまっている、
だから、そんな本土からは見えない米軍に日本人は守ってもらっている、という感覚を抱いてしまうため、
安保支持率は8割になってる、という説を話されていましたが、その通りだと思いました。

 

沖縄米軍の基地問題についてはこうした動きの背景に、

沖縄の方々特有の親切心(他者に苦しみを渡せられない)にも一因があるのかもしれませんね。
9月30日に投開票される沖縄県知事選においては問われることはないかもしれませんが、

一つの判断基準として検討していいのではないかと思いました。


沖縄のことを知らないといけない、と思いつつ、感じたのは、

何も知らないなぁ、ということ。
また、普段の仕事の一方で高橋哲哉さんのような運動をしてもいいのではないか、とも感じました。

そんな気分の中、沖縄タイムスのHPを観ていたら、面白い紙面があったのでご紹介します。

 

「「歌で生きる」安室さんの迷いない視線、今も印象に 中学3年当時の担任が語る思い出」

www.okinawatimes.co.jp

沖縄県中城村に住む元中学校教諭の仲座包子(かねこ)さん(78)が、

教員生活の最後に担任を務めたクラスの卒業文集をめくると

安室奈美恵」と書かれたページだけ「思い出」の欄が真っ白。

3年生になると芸能活動でほとんど学校に来られなかった安室さんは、

進路を心配する仲座さんに言い切ったという。

「高校には行きません。歌とダンスで生きていくから」。

その迷いのない視線を仲座さんは忘れられない、と言います。

「芸能界に入ったら、教養も身に付けないといけないんじゃない」。
ひょっこり学校に現れた安室さんにそう問い掛けると


大学を出たって社会に貢献できるとは限らない。私は中卒でもやります
と返ってきたという。
「この子はてーげー、がーじゅー(なかなか頑固)だねと思った。
それじゃあ、と私は本はたくさん読んでねと言ったの。
担任とはいえ彼女に伝えたのはそれぐらいかしら」

 

沖縄タイムスには、「We love Namie」というリンクが張られており、安室さん関連のニュースに飛ぶようになっています。

9月16日に引退する安室さんが、日本中の、特に生まれ故郷の沖縄で大切にされていることが良くわかりますね。


あなたの人生の主人公はあなた。
今日も素晴らしい一日でしたね。
明日も素晴らしい一日を過ごしましょう。

お互い、頑張りましょうね。
では、また。