万八日記

初めまして、万八です。本を読んだ感想や聞いたラジオ、紀行文やそれに伴う俳句等を日記風に書かせてもらいます。皆さんが気楽に読んで楽しめる文章を書きたいです。よろしくお願いします。

アスベストについて、「クローズアップ現代+」で放送されました

6月12日22時からNHKクローズアップ現代+「"新たな"アスベスト被害~調査報告・公営住宅2万超戸~」と題した放送を見ました。

アスベストは古くは「魔法の鉱物」とも言われ、西ローマ帝国シャルルマーニュ国王(742~814)は、アスベスト繊維を織り込んで仕上げたテーブルクロスを暖炉の中に入れ込み、焼けずに残ったクロスを取り出す、という手品をしたといいます。それほど、アスベストの有用さについては古くから知られていました。

 f:id:junsaito0416:20170612233629j:plain

ところが、このアスベスト、徐々に数十年の潜伏期間を経て中皮腫や肺がんを引き起こすことが発覚し、現在では「静かな時限爆弾」とも呼ばれます。

タイトルの「新たな」という意味は、今までの主たる被害者だった工場内労働者や工場周辺地域住民ではなく、アスベストがそれと知らずに住宅内で使用されている状況において、一般住宅内での被害が出始めた、ということです。

こうした事態にどう取り組むべきなのか、中皮腫じん肺アスベストセンター所長名取雄司先生と映画監督森達也氏を交え、事態の重さについて意見が述べられていました。

f:id:junsaito0416:20170612233648j:plain
環境問題については、誰もが他人事で考えることは済まされない事態になりつつあります。自分たちが生きる今という時代以外の、例えば将来世代にも続く責任問題が私たちに有るのか、無いのか、という公共哲学的な問題もあると思いますが、私は責任はあるのだと考えていますね。
重苦しい話ですが、考えなければならないことです。

f:id:junsaito0416:20170612233705j:plain

新しく始まった一週間の月曜日もそろそろ終わりです。

お疲れ様でした。

明日も頑張りましょうね。
では、また。

 

アスベスト――広がる被害 (岩波新書)

アスベスト――広がる被害 (岩波新書)