万八日記

初めまして、万八です。本を読んだ感想や聞いたラジオ、紀行文やそれに伴う俳句等を日記風に書かせてもらいます。皆さんが気楽に読んで楽しめる文章を書きたいです。よろしくお願いします。

森岡毅さんの本を読んでいます。

今日も終了しました。
一日、お疲れ様でした。
今日も暑かったですね。

 

以前も少し書かせて頂きましたが、最近、森岡毅さんの著作を読んでいます。

森本さんはUSJCMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)です。
2018年1月には退社されてしまうようですが、USJの業績をV字回復させた方、と国内のどんな記事にも書かれています。

今日はUSJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』(角川文庫)について、書きます。
この本、面白い。
勉強になる。

私、いつもは帰宅電車の中でタブレットを眺め見るのが苦にならない帰宅時の過ごし方なのですが、森岡さんの本はつい、広げたくなってしまい、読んでしまいます。
自分の仕事にも直結しますので、参考になります。

 

森岡さんの著書に書かれているのは、主にマーケティングのことですが、内容は実践的かつ本質的で、息づかいのこもった面白さです。こんなワクワクする本は、滅多に巡り合えませんよ。

この好著をどう紹介すれば良いのか…。
まずは、感銘を受けた言葉を記載していきますね。

 

「私は、マーケティングは実践でのみ鍛えられる実践学だと考えています」(P.37)

「正しい目的であれば、追い詰められて駄目だと思っても、無理だと思わず絶対に諦めずに執着し続けること、そして戦略的な発想方法があれば、その執念を苗床にしてきっと苦境を打破する「アイデアの神様」は降りてくる」(P.89-90)

「私は、目的が正しいのかについては十分に時間を使って慎重に考えることにしていますが、それが正しいと判断したならば、できない理由をあれこれ考えて目的自体を「無理だ」と嘆くことに時間を使わないようにしています」(P.109)

「ある問題について、地球上でもっとも必死に考えている人のところに、アイデアの神様は降りてくる」(P.166)

明日はこの続きなのか、どうするのか、考えさせてください。

多くの人は明日行けば、3連休でしょうか。
あと一日、頑張りましょうね。

では、また。